天邪鬼「雑誌1点であります」

天邪鬼「雑誌1点であります」

▼11.21 コンビニエンスストア「ミニストップ」、成人向け・類似する雑誌類の販売を来年の正月から中止すると発表したトサ。
ミニストップを傘下にもつイオングループの各店舗などでも同様にそのような雑誌の取扱いをやめる方針だトサ。
■あまのじゃく(天邪鬼)――大昔の性器の位置についてのはなしに出て来るもので、おでこに性器が生えてます。

2017.11.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

化け猪はへんげの研鑽をする

化け猪はへんげの研鑽をする

▼11.20 午前7時すぎ頃、群馬県大泉町に体長1.2mの猪が出没、小学生が咬まれる。警察や役場の職員により捕縛処分された。
■ばけいのしし(化け猪)――霊力をもったいのしし。いろんなものに化けてひとを化かしたりします。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。

2017.11.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

煮えたかどうだか膨張だ

煮えたかどうだか膨張だ

▼11.19 シリアのアブカマルの町、はげしい合戦の上で政府方の軍がまたまたISからの奪還を果たしたソウナ。
■ゆであずきかい(茹小豆買い)――ゆであずきを買いに歩くおつかいおばけ。
■ぐんえいき(軍営鬼)――いくさで死んだひとがなるという霊鬼。修羅の巷で生きるのだ。

●関連鬼事 「煮えたかどうだか取って見な

2017.11.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

てあつい餓鬼米

てあつい餓鬼米

▼11.19 去年度は転作などから飼料用の米の生産があがり、比較的安価な業務用の米の生産がさがり供給が不足気味。
供給不足から価格が上昇しつつあり、外食産業などでは値上げ検討が進んでるとのハナシ。
■じきかたんがき(食火炭餓鬼)――餓鬼のひとつ。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。

2017.11.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

葉っぱ4億枚相当だっちょ名画

葉っぱ4億枚相当だっちょ名画

▼11.15 クリスティーズにレオナルド・ダビンチの描いた絵『サルバトール・ムンディ』(Salvator Mundi、救世主)が出品され
オークションの結果、4億50312500ドル(約508億円)で落札されたトサ。下馬評では1億ドルだったのでとびぬけた高値。
■だっき(妲己)――殷の王朝を傾けた美女。九尾狐が化けたものだった。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。
■おおかもじ(大髢)――かもじの毛のぼさぼさ化けたもの。

2017.11.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

冷凍お獅子霊宝

冷凍お獅子霊宝

▼11.15 ロシア連邦のサハ共和国で、永久凍土のなかから凍ったホラアナライオンの子供がまるごとが発見されたトサ。
ホラアナライオン(Panthera leo spelaea、穴獅)は大体1万年前に絶滅した昔の生物。2015年に2頭、今年9月にもう1頭。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。
■ゆきおんな(雪女)――雪の日に出るおばけで、雪の中に立っていたり、人を凍えさせたりします。

2017.11.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

あまいお乳珠ウォーズ

あまいお乳珠ウォーズ

▼11.14 インドの銘菓のひとつ「ラスグッラ」(Rasgulla・奶豆腐甜湯円)について政府は西ベンガル州が発祥地と認定付与。
去年あたりから西ベンガルとオディシャどちらが発祥の地かで論争がつづいとったソウナ。
■くだん(件)――たまに産まれるという、ひとみたいな顔してる仔牛。未来を言い当てます。
■はくたく(白澤)――人語を解せる霊獣。ものしり。
■びろ~ん――こんにゃくみたいなぷるぷるしてるおばけ。しっぽで人の首などをなでてびっくりさせます。
■りうんばう――未確認なため正体がわかんないおばけ。

2017.11.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム