かんぜが吹いたらとびちるし

かんぜが吹いたらとびちるし
▼6.20 欧州連合(EU)、アメリカ合衆国の鉄鋼とアルミニウムの輸入制限への対抗措置として報復関税を発動すると発表。
関税を強くかけるアメリカ品は、ウイスキーやオートバイ、オレンジジュースなどで、税率は25%。28億ユーロ相当のもの。
■オレンジモンスター(Orange monster)――オレンジのばけもの。
■デーモン(Daemon)――ひとを悪い道にさそいこむ魔物。

2018.06.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

壜コアラの新創設味

壜コアラの新創設味

▼6.18 アメリカ合衆国のトランプ大統領、Space Force(宇宙軍・太空軍)の設置を国防総省にはじめるのだと命じたソウナ。
▼6.19 アメリカ合衆国と大韓民国、8月に予定されてた合同軍事演習を中止すると発表したトサ。
▼6.19 アメリカ合衆国のニッキー・ヘイリー国連大使、国際連合の人権理事会から離脱をしたと発表したトサ。
■かっぱ(河童)――川にすんでる妖怪。あたまのくぼみのお水がちからのもと。
■バルジライトチェスト(Bulge right chest)――右の胸部がものすごくでっぱってるなぞのひと。銀河が違う。

2018.06.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

紅火蟻沙門にオニではなくオニモツ持たされてた彦七

紅火蟻沙門にオニではなくオニモツ持たされてた彦七


▼6.15 大阪府岸和田市の倉庫で、広東から舶来したコンテナの中から100匹近くのヒアリが見つかる。コンテナを密閉し大阪港へ
もどして検査をしたところ、はじめに見られたものと合計2000匹余りが確認され、環境省によって駆除されたトサ。
■こうかぎしゃもん(紅火蟻沙門)――火蟻の化けたもの。

●関連鬼事 「紅火蟻沙門コンテナ渡海ダナ

2018.06.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

堅牢地神、竹串でとめあげる

堅牢地神、竹串でとめあげる

▼6.18 午前7時58分ころ、大阪府北部を中心に大きな地震。震度6弱、マグニチュード6.1。震源の深さは13km。
気象庁は余震や同規模の地震の発生に対して注意よびかけ。

2018.06.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

けっこうちゃんの鳥魚屋さん

けっこうちゃんの鳥魚屋さん

▼6.13 中華人民共和国貴州省の川で釣り人が鳥みたいなへんなあたまの、口が真下に突き出た魚を釣り上げたらしいトサ。
かたちは鯉のごとく、あたまはかイルカかハト・オウムのごときものであるとてなにものじゃろうとのウワサ。
■けっこう(絜鉤)――ねずみのような尻尾を持っている鳥で、これが現われると悪い疫病が流行すると言われています。
■ちょうぎょ(鳥魚)――へんな鳥みたいなあたまの怪魚。くちが下向きにつきでてる。
■だっちょ――赤くてまるっこい妖怪。

2018.06.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

無眠擂木鳥と法茲師

無眠擂木鳥と法茲師

▼6.15 パキスタンの武装勢力「パキスタンのタリバン運動」(TTP)の首魁マウラナ・ファズルラは、14日のアメリカ合衆国による
無人飛行機による空襲で討死したとのハナシ。電化製品や電子機器を民が用いるは百万障魔であるとはげしく考えていた主義。

2018.06.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

海のかなぼうですから(音声をかえてあります)

海のかなぼうですから(音声をかえてあります)
▼6.13 水産庁、密漁対策としてなまこの漁獲証明制度を2020年までに導入する考えだソウナ。国際的にぬけ荷が多いのだナマ。
■おに(鬼)――日本の妖怪。怪力のもちぬし。菖蒲が剣に見えちゃうので苦手。
■ひょうすべ(兵主部)――肥州や日州に分布しているかっぱの仲間。「ひょうひょう」という鳴き声が特徴。

2018.06.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

東海小庵室にお道具屋出入り

東海小庵室にお道具屋出入り

▼6.13 原子力規制委員会、茨城県東海村にある再処理工場「東海再処理施設」の廃止措置計画を認可したトサ。
廃止作業期間は70年ほどを見込んでおり、高レベル放射性廃液のガラス固化処理は10年後あたりまでにおわる予定。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。
■コカトリス(Cockatrice)――鶏と蛇のまじったようなもの。にわとりのたまごから生まれたりするとか。

2018.06.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ベアードフラワーの価格どしどし

ベアードフラワーの価格どしどし

▼6.12 敷島製パン、輸入小麦の値上がりを受け食パンの「超熟」など81製品の価格を7月1日出荷分から上げると発表。
7月2日からは日本製粉の家庭用小麦粉なども1~2%の値上げされることになっちょる。
■バックベアード――イギリスやアメリカに出る虫みたいな目。これににらまれると気分がおかしくなります。
■うわん――「うわん」と大きな声でさけぶ妖怪。

●参考 『鬼奇ペディア』/妖界の穀物

2018.06.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ウインナーの寄り合いかと思ったら違った

ウインナーの寄り合いかと思ったら違った

▼6.12 アメリカ合衆国と朝鮮民主主義人民共和国の首脳会談がシンガポールのセントーサ島、カペラホテルでおこなわれる。
■いかだん(烏賊談)――空から降って来たいかが寄りあつまって話をしてるといったへんなもの。
■うみぼうず(海坊主)――海に出る大きなおばけ。船を沈めたりします。

■しゅのばん(朱の盤)――赤くてしかくいおおきな顔をしてる妖怪。

2018.06.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

オコッコチャチャおからをかいました

オコッコチャチャおからをかいました

▼6.11 政府、ロシア連邦からの樺太~択捉・国後・色丹への光ファイバー回線敷設工事開始の通告に対し7日付で抗議したトサ。
■オコッコチャチャ――熊のおばけ。
■ばけどうふ(化豆府)――ふにふにと人のように歩き出すとうふの妖怪。

2018.06.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

カモたべるGなべ

カモたべるGなべ

▼6.8-9 先進七カ国首脳会議(G7)、きまりに基づいた貿易体制の推進、朝鮮半島情勢などが語られたトサ。
アメリカ合衆国は、輸入制限措置についての他国とのかかわりあいについての言に対して納得いってないカンジ。
■ちんちんかも(陳々鴨)――おなべ料理をつつきあうおばけ鳥。

2018.06.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

火間虫入道の軒端探査

火間虫入道の軒端探査

▼6.7 アメリカ合衆国航空宇宙局(NASA)、火星の探査機・キュリオシティが採取した土から有機物をみつけたと発表したトサ。
みつかった有機化合物(「チオフェン、2-および3-メチルチオフェン、メタンチオール、硫化ジメチルなどの有機化合物)は
(1)隕石(2)石炭や黒色頁岩みたいな地層(3)何らかの生物、どれかに由来するのじゃろうとの見方。
■ひまむしにゅうどう(火間虫入道)――夜仕事をしてる人の明かりの油をなめてじゃましたりするおばけ。
■びろ~ん――こんにゃくみたいなぷるぷるしてるおばけ。しっぽで人の首などをなでてびっくりさせます。

2018.06.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

だいじんぐるぐるの社頭に掛ける

だいじんぐるぐるの社頭に掛ける

▼6.7 Google、人工知能(AI)の使用に関する原則を発表。人工知能を兵器や人々の負傷を引き起こしたり直接に助長する
技術に利用せぬ、不当な偏見を生み出したり強化することを避く、などといった内容も盛り込んだ7項目を示したトサ。
■うましか(馬鹿)――目玉が天の方角にとびでてる馬の妖怪。

●能『絵馬』

2018.06.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

九尾さんの米俵囃子高ノイズ

九尾さんの米俵囃子高ノイズ

▼6.6 アメリカ合衆国、中華人民共和国の広州にある領事館の外交官2人を退避させたソウナとのうわさ。
変な音を聴いてから原因不明の症状に悩まされたとのハナシで、キューバのものと似ており既に先月に1人罹ってる。
■きゅうびこ(九尾狐)――尾の数が9本あるというきつね。瑞祥であるとも伝えられます。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。

●関連鬼事 「九尾さんの米俵囃子」、「九尾さんの健康的米俵囃子」 

2018.06.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

フェアリーのお茶請け

フェアリーのお茶請け

▼6.6 政府、7月に欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の署名式をベルギーのブリュッセルでひらく方針を固めたトサ。
■フェアリー(Fairy)――森などに住んでいるものたち。ようせい、すだま、あちらさん。
■ようば(妖婆)――森や山などにすんでる妖通力をもつおそろしいおばば。

●関連鬼事 「フェアリーの茶の席へ向かう狐

2018.06.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

いか談の板場が準備した

いか談の板場が準備した

▼6.4 アメリカ合衆国、朝鮮民主主義人民共和国との首脳会談は開催に話が戻り、シンガポールで6月12日午前9時からと発表。
■らせつ(羅刹)――ひとを襲ったりするという鬼。いろんな姿に化ける事が出来ます。

●関連鬼事 「いか談のディナーを頼んだ

2018.06.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

古うど師匠の稽古場

古うど師匠の稽古場

▼6.4 参議院本会議に、働き方改革関連法案が審議に入ったトサ。野党は高度プロフェッショナル制度などに反対の波。
■こうどししょう(古独活師匠)――大きいうどの化けたもの。長唄のプロ。

2018.06.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

動態えてペット

動態えてペット

▼6.2 中華人民共和国、DRAM(ダイナミックランダムアクセスメモリ)についての独占禁止法違反の疑いがあるとして
北京や上海にあるマイクロン・テクノロジー、サムスン電子、SKハイニックスの3社の調査をはじめたと報じたトサ。
■ばけどうたいずいきぞんしゅぞんしょき(化け動態随機存取存儲器)――DRAMの化けたもの。
■だっちょ――赤くてまるっこい妖怪

2018.06.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

さめ子さんとおおきくなるひらめ

さめ子さんとおおきくなるひらめ

▼6.1 諸色値上げが進む。明治は家庭用チーズ35商品を平均7.2%値上げ。ミツカンは納豆10商品を約10~20%値上げ。
白洋舎はドライクリーニング代を約5%値上げ。コメダ珈琲はブレンドコーヒーを20円値上げ。
■さめこ(さめ子)――水族館にでる女の子の妖怪。

2018.06.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ピピレイ仕上げ高級かたびら

ピピレイ仕上げ高級かたびら

▼6.1 タイのピピレイ島の砂浜、9月30日まで観光客や船の出入りさしとめとなる。
映画に出た影響で50万人ちかくも見物客が増えすぎてることに対しての措置。同島は国立公園のなかにある。
■ゆうれい(幽霊)――迷ってふわふわ出て来る亡霊。

2018.06.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ロボ苞の筋力どうじょう

ロボ苞の筋力どうじょう

▼5.31 東京大学の研究班、培養した筋肉とプラスチック製の骨で造った人間の腕の拮抗筋の構造をもつハイブリットロボットの
開発に成功したと発表したトサ。
■すじくろう(筋矩労)――小さいが筋肉割れ割れなマッチョおばけ。
■ロボつと(ロボ苞)――わらつとの化けたものがロボットにへんげしたもの。

2018.05.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

沢中之陽焰、野外之鬼燐。

沢中之陽焰、野外之鬼燐。

▼5.28 小笠原製粉、「キリンラーメン」の商品名を変更し10月から新たな名称で発売すると発表。新名称を募るとのハナシ。
■がいこつ(骸骨)――骨が動き出すというもの。
■びろ~ん――こんにゃくみたいなぷるぷるしてるおばけ。しっぽで人の首などをなでてびっくりさせます。

2018.05.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ドロンケン頁岩さん

ドロンケン頁岩さん

▼5.28 国連貿易開発会議(UNCTAD)、シェールガスの採掘可能埋蔵量は214兆5000億立方mであろうとの最新の報告。
埋蔵量ゆびおりの国は、中華人民共和国、アルゼンチン、アルジェリア、アメリカ合衆国、カナダなど。
■けつがんせい(頁岩精)――頁岩の精霊。少しもろい。
■さいけん(犀犬)――土の中にすんでいるというふしぎな犬で、これを手もとに置いとくと運がよくなるとか。
■いとんぼう(糸坊)――まるっこい眼の玉をした、ひょろひょろと細長い体のおばけ。どういうものかはよくわかりません。

●けつがんき(頁岩気)――シェールガスのこと。頁岩層というのがシェール層のこと。
●関連鬼事 「よくしえてるよ(江戸ッ子口調で)

2018.05.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ぶらぶらかぼちゃに毛はあるか

ぶらぶらかぼちゃに毛はあるか

▼5.26 フランスの皮膚科医フィリップ・アスリー、瓜科の野菜でククルビタシンが含まれた個体だった場合、中毒するときが
あり、その症状には脱毛症などもみられるという症例についての研究を発表したトサ。原因は虫による野生種花粉の交雑。
研究報告された2例は、いずれも女性患者でにがみの強かったかぼちゃなどを食べて中毒し、頭髪や腋・陰部の毛がぬけた。
■かぼちゃおばけ(南瓜おばけ)――かぼちゃに顔が生えるやつ。
■ばけへび(化け蛇)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。

2018.05.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

海胆入道はどんな味

海胆入道はどんな味

▼5.26 日本とロシアの首脳会談、クレムリンで行わる。北方領土共同経済活動として、うに養殖・いちご温室栽培を事業として
かんがえてゆこうというハナシ。
■にがわらい(苦笑)――つねに苦笑いをしたような顔をしているおばけですが、詳細は不明です。
■うににゅうどう(海胆入道)――体にうにがもこもこ生えて来る大坊主。磯でねころんでる。

2018.05.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

海胆入道がやってきた

海胆入道がやってきた

▼5.24 水産庁、土地の漁業協同組合を優先してた漁業権の付与順位を廃して不振の海域に養殖企業などが参入しやすくする、
漁や運用の情報公開、漁獲量管理などを加えた漁業法の改革案を発表したトサ。6月にまとめる骨太方針案にもりこむつもり。
■にがわらい(苦笑)――つねに苦笑いをしたような顔をしているおばけですが、詳細は不明です。
■うににゅうどう(海胆入道)――体にうにがもこもこ生えて来る大坊主。磯でねころんでる。

2018.05.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

いか談のディナーを頼んだ

いか談のディナーを頼んだ

▼5.24 アメリカ合衆国のトランプ大統領、予定されてた朝鮮民主主義人民共和国との首脳会談について中止を発表したトサ。
■トッケビ――朝鮮半島にひろくつたわる妖怪。いろんなものに化けて、ひとを化かしたりします。
■べかたろう(べか太郎)――べっかんこう(あっかんべー)をして人をびっくりさせて来るおばけ。

●関連鬼事 「(リスニング問題)いか談中のウシは何頭

2018.05.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

海外から見に来た疱瘡神さん

海外から見に来た疱瘡神さん

▼5.24 朝鮮民主主義人民共和国、豊渓里の核実験場の廃棄を実行するゾとて外国の取材団も入れられたが生中継は不許可。
■ほうそうがみ(疱瘡神)――天然痘をもたらすかみさま。最近はトンとおひまであろうよ。
■トッケビ――朝鮮半島にひろくつたわる妖怪。いろんなものに化けて、ひとを化かしたりします。

2018.05.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

帆立からすは旅がらすだが電車に馴れない

帆立からすは旅がらすだが電車に馴れない

▼5.22 岩手県漁業協同組合連合会、規制値をこえた麻痺性貝毒が検出されたとして大船渡湾東部海域産ホタテガイの出荷を
自主規制すると発表したトサ。はやいところ数値がさがって出荷できるようになりたいとのハナシ。
■ほたてからす(帆立鴉)――すずめはしぬとき海辺にいってはまぐりに、からすはほたてがいに変化するよ!
■ばけいのしり(化豬尻)――霊力をもったいのしり。しりこだま。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。

●関連鬼事 「竜宮電気鉄道、のぼり。

2018.05.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

«  | ホーム |  »

発行人

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム

月別記事