おぅおぅへいへいそこ左折したおめェ

おぅおぅへいへいそこ左折したおめェ

▼2.24 左とん平歿。俳優。ラジオ、舞台、テレビ、映画などで長年活躍。

2018.02.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

200を超えるおニュー笠

200を超えるおニュー笠

▼2.22 ロシア連邦のウラジーミル・シャマノフ委員長、「わが軍はシリアでこれまで200を超える新兵器を陣中でつかった」
と明らかにしたトサ。また、ステルス戦闘機のスホーイ57(Su-57)の新しい試作機も2機、シリアに送ってあるとのハナシ。
■レーシィ(Leshy)――ロシアに伝わる森の精霊。毛むくじゃらな格好をしています。
■じんがさおばけ(陣笠お化け)――陣笠のおばけ。目がきょろきょろ。

2018.02.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

凍った日誌、カチワルコーワル

凍った日誌、カチワルコーワル

▼2.22 DMMのゲーム『艦隊これくしょん-艦これ-』のツイッターでの公式アカウントが凍結処理される。夕方には解除された。
第三者からのDMCA(デジタルミレニアム著作権法)にもとづく連続の虚偽申請がツイッター社に投げられ、それが原因で
凍結されてしまった、と公表されたトサ。
■ぐんかんすいへい(軍艦水兵)――軍艦の化けたもの。

2018.02.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

しゅりけん、れんとう

しゅりけん、れんとう

▼2.21 大杉漣歿。俳優。テレビ、舞台や映画などで活躍。テレビドラマの撮影後の急逝だった。

2018.02.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

こぽぽごぽー、水底の洞窟

こぽぽごぽー、水底の洞窟

▼2.19 メキシコ国立人類学歴史学研究所などによる研究班、メキシコのユカタン半島にあるサクアクトゥンの洞窟と
ドスオホスの洞窟の底には、マヤ文明の神殿や大昔の動物の化石があったりする凄い所だとの探索成果を示したトサ。
■かっぱ(河童)――川にすんでる妖怪。あたまのくぼみのお水がちからのもと。

2018.02.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コゲもしません蘿苔もはえません象皮披風

コゲもしません蘿苔もはえません象皮披風

▼2.17 チベットのトゥルナン寺(大昭寺)、祝融に遭い一部がコゲる。出火原因については不明。
■びろ~ん――こんにゃくみたいなぷるぷるしてるおばけ。しっぽで人の首などをなでてびっくりさせます。

●象皮披風 西蔵の仏教絵画の神仏たちが身につけてるもの。

2018.02.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

えちごよりみなみの国もあるデザイン

えちごよりみなみの国もあるデザイン


▼2.15 エチオピアのハイレマリアム・デザレン首相、辞任を発表。国内の混乱に対しての引責と称しての辞表。
先週からオロミア州では政治犯釈放実行を求める激しいストライキなどが起こり、大規模釈放が行われた。
▼2.16 エチオピア政府、国家非常事態宣言を出したトサ。
▼2.17 エチオピア政府、国家非常事態宣言を6か月のあいだ維持する方針を明らかにしたトサ。
■ゆきじょろう(雪女郎)――雪の中に現われるという妖怪。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。

2018.02.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

晩出簡便堂(くれにコンビニどうをいづ)

晩出簡便堂(くれにコンビニどうをいづ)

▼2.17 中華人民共和国の南京市で2013年に発掘された大きい壁画のあるお墓は、南北朝時代の梁の昭明太子のものの
可能性が高い、規模の大きいものだゾと調べが進んじょるとのハナシ。
お墓の壁画には「竹林七賢」や「羽人戯虎」の画題が描かれてるトカ。
■びろ~ん――こんにゃくみたいなぷるぷるしてるおばけ。しっぽで人の首などをなでてびっくりさせます。
■せんにょ(仙女)――仙人。ふわふわ浮かんで飛んだりできます。

●『文選』 謝霊雲「晩出西射堂」

2018.02.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ぬりぬり狐たちとなまず

ぬりぬり狐たちとなまず

▼2.16 メキシコのオアハカ州でマグニチュード7.2の地震。震源地はピノテパの北東37kmの地点。

2018.02.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

雪の肱笠

雪の肱笠

▼2.13 山形県の肱折では積雪が445cmに到達するレコード。他には新潟県守門で345cm、福島県只見町で289cmなど。
▼2.13-14 JR北海道、雪で線路がうまってしまい各地で電車の運休が起こる。JR函館線では特急電車が途中足止めにも。
17~18日にかけても強い冬型の気圧配置が出るため、北日本では暴風・高波・吹雪などに警戒呼び掛け。
■みっつめこぞう(三ッ目小僧)――顔に目の玉が三ッあるおばけ。
■ゆきんこ(雪ン児)――子供の姿をしている雪のおばけ。

2018.02.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ばけ竹蝉

ばけ竹蝉

▼2.14 埼玉大学などの研究班、一昨年去年の観察から埼玉県川口市安行あたりに大陸種の蝉の棲息繁殖を確認したトサ。
把握されたのは、Platylomia Pieli(震旦馬蝉、竹蝉)で、「タケオオツクツク」という和名が提案されちょるというハナシ。
各地にもこの種の蝉が実はもういたりもするんじゃないのかと観察することを呼び掛けちゅるトサ。
■ばけちくぜん(化竹蝉)――竹にいろよくとまる蝉の化けたもの。プラティロミア・ピエリ。
■やまちち(山地乳)――山の中に棲んでいる妖怪で、人の寝息を吸い取ったりすることがあるとか。
■ゆぞえひめ(油添姫)――魔民なひめさま。
■ねこまた(猫股)――霊力をもったねこ。ひとを化かしたりします。

2018.02.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

せんぷく駕篭

せんぷく駕篭

▼2.11 イラク内務省、2017年5月に空襲で討ち死にしたのではとされれたISのアブバクル・バグダディは死んではおらず
そのままシリアに落ちのびて、怪我の治療を野戦病院でしてるらしいとの潜伏情報がある、と報じたトサ。
■どさくさ(どさ草)――別名「いくさ」とも呼ばれるふしぎな草で、地上に芽を出してはすくすく育ちます。

2018.02.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

おうね通人は猿より蚊が好き

おうね通人は猿より蚊が好き
▼2.13 ブラジル、黄熱病が流行しているリオデジャネイロ州で「猿が病原菌を散らしてる」との誤った認識から猿が違法に
撲殺されちょるのが今年になっても減らぬ、と保健当局が問題視しちょるトサ。
■おうねつうじん(おうね通人)――黄熱病の病将。
■しゃくちゅう(積虫)――ひとの体内にすみついて筋をぱくぱく咬んで傷める病虫。

2018.02.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

天下一泊まりゃんせだわい

天下一泊まりゃんせだわい

▼2.11 アラブ首長国連邦のドバイに天下で最も背の高い摩天楼な旅館・ゲボラ(Gevora)が店びらきしたトサ。75階建て356m。
■みみぼや(耳海鞘)――山姥の斬られた耳がほやになったもの。
■ひょうすべ(兵主部)――肥州や日州に分布しているかっぱの仲間。「ひょうひょう」という鳴き声が特徴。

2018.02.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

おさきぎつね油かな?

おさきぎつね油かな?

▼2.9 中華人民共和国の証券監督管理委員会(CSRC)、3月下旬から原油先物取引を開始する予定だとあきらかにしたソウナ。
■ぐるたみるえちるあみど(ぐるたみるえちる阿弥ど)――あおい顔をしたぬらりひょんの女の子。お茶が好き。
■かい(火異)――何もないところからいきなり火が飛んで来て、林野や街衢を燃やしてしまったというもの。

2018.02.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

天狗索道は硬い

天狗索道は硬い

▼2.9 群馬県草津町、先月の噴火で被害のあった草津国際スキー場のロープウェイの廃止の方針を決めたソウナ。
■からすてんぐ(鴉天狗)――山にすんでる天狗さん。鳥のすがたをしています
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。

2018.02.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

両狐狸と、くるまのつぼね

両狐狸と、くるまのつぼね

▼2.8 バス会社の両備グループ、中国運輸局に対して傘下2社の赤字経営の一部31路線の廃止届を出したゾと発表したトサ。
同社が黒字運営できてる運行路線への他社参入計画認可が進んでいることに対する抗議の意味の届出だソウナ。
■くるまのつぼね(車の局)――ものを運び行く車輪の化けたものじゃぞ。
■ばけだぬき(化け狸)――霊力をもったたぬき。ひとを化かしたりします。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。

2018.02.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

サーモ手の目のあるき方

サーモ手の目のあるき方

▼2.6-8 つよい寒気による日本海側の今週の大雪で国道8号線(福井県~石川県)では自動車も往き来がままならない状態。
除雪作業におおわらわ。8日のうちには解消のみとおし。
■てのめ(手の目)――両の手のひらに目玉がついている妖怪。
■ゆきんこ(雪ン児)――子供の姿をしている雪のおばけ。

2018.02.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

なまずにかなめ味噌

なまずにかなめ味噌

▼2.6 台湾で大きな地震、マグニチュードは6.4。震源は花蓮市の北東約21kmの沖。
■たいわん(鯛湾)――鯛のあたまみたいなだっちょの仲間。

2018.02.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

田うない鬼のもとへ都会から俵でとどく泥田坊

田うない鬼のもとへ都会から俵でとどく泥田坊

▼2.5 アメリカ合衆国ニューヨーク株式市場、、ダウ平均株価が暴落。一時は下げ幅が1597ドルを超える場面もあったトサ。
雇用統計を受けてのインフレーション懸念からパニック売りが加速したとのハナシ。
■たうないおに(耕田鬼)――田んぼづくりをする鬼たち。
■どろたぼう(泥田坊)――田んぼの中に出て来るという妖怪。

2018.02.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

芸人に三味線ならうモンスター

芸人に三味線ならうモンスター

▼2.1 レツゴー長作歿。漫才師、俳優。「レツゴー三匹」のメンバーとして活躍。三味線をつかっての漫談も。

●関連鬼事 「千里もあるよな銀河のとらとらぎがぎが

2018.02.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

さんかくおむすびさがすビーム野鉄砲

さんかくおむすびさがすビーム野鉄砲

▼2.1 テュレーン大学などの研究班、グアテマラのペテン県の密林を高性能レーザーで走査探知した結果、
この2年のあいだで約6万件のマヤ文明の古代の建造物を発見できたと発表したトサ。
■のでっぽう(野鉄砲)――山道などでひとにコウモリのようなものを吹き付けてくるというおばけ。

2018.02.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

来年のよてい手帖

来年のよてい手帖

▼2.1 新天皇ご即位の2019年は、ご即位が5月に行われることから祝日としての天皇誕生日が無い年になるとのハナシ。
■おに(鬼)――日本の妖怪。怪力のもちぬし。たからものもいろいろもってます。

2018.02.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

竜宮城のそと寒い寒い

竜宮城のそと寒い寒い

▼1.30-2.1 青森県横浜町の沿岸に千尾をこえる大量の死んだ鰯が打ち寄せらる。気温の冷え込みによる海水温低下が原因か。
■よわし(弱卒魚)――へぼへぼに弱っちょろい魚の兵卒たち。
■たこにゅうどう(蛸入道)――大きな蛸の化けたもの。
■ハロゲンどうじ(ハロゲン童子)――ハロゲンヒーターの化けたもの。ぽかぽかぴかぴか。

2018.02.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

代幣餅の顔看板

代幣餅の顔看板

▼1.30 フェイスブック、仮想通貨や首次代幣発行(Initial coin offering・ICO)についての広告を禁止すと発表したトサ。
詐欺行為助長の危虞あり、との配慮からの決定だソウナ。
■おおしゃりてんぐ(おおしゃり天狗)――谷間や山の奥などを高らかな歌声と共に飛んで行く小天狗。
■ふあんでんぐ(衆籌天狗)――雲の上をふわふわしたり瓜葛のつるの間で育ったりする小天狗。

2018.02.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

冬の化け術訓練(日本海側方面)

冬の化け術訓練(日本海側方面)

▼1.29-31 新潟県佐渡市では寒波による影響で水道管が凍り、1万世帯以上で断水。復旧や給水などで少しずつ回復。
■ばけだぬき(化け狸)――霊力をもったたぬき。ひとを化かしたりします。

2018.01.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

灰婆ガスと猿

灰婆ガスと猿

▼1.29 ドイツで大手自動車会社各社がディーゼル自動車の排気ガスを猿とか人間に吸わせる実験に4年前に出資・委託してた
ことに目が集まっちょるトサ。実検をしてたというのは「運輸部門における環境と健康に関する欧州研究グループ」(EUGT)
■はいばばあ(灰婆)――囲炉裏の灰をいたずらすると出て来て、そのひとをさらってしまうという妖怪。
■ひひ(狒々)――山の中にすんでる大きな猿のようなもの。笑うとくちびるが顔に向かってめくれあがります。

2018.01.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

南部カルシウム牛鬼唄

南部カルシウム牛鬼唄

▼1.28 イエメンのアデンで南部地域の独立を進めたい南部移行評議会と、アデンに置かれている暫定政府の部隊とが衝突。
南部移行評議会によって政府庁舎が占領されたソウナ。
■おばけたねがしま(お化け種子島)――火縄銃のおばけ。
■うしおに(牛鬼)――牛のあたまをした大きな図体のおばけ。

●「南部牛追唄」 田舎なれども南部の国はヨー 西も東も金の山 コラ サンサエー

2018.01.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

西紅柿醤長者の頭巾のがら

西紅柿醤長者の頭巾のがら

▼1.26 仮想通貨取引所「coincheck」、不正なアクセスを受け顧客から預かってる仮想通貨「NEM」を流出してしまったソウナ。
無くなっちゃった総額は5億2000万NEMで、同日の同社の両替では約580億円に相当する銭。
■ケチャップちょうじゃ(西紅柿醤長者)――富をもたらすふしぎな長者。宝だ宝だ。赤くておめでただ。

●関連鬼事 「西紅柿醤長者のおがまぐち

2018.01.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

石仙人の洞穴

石仙人の洞穴

▼1.26 イスラエルのカルメル山ミスリヤ洞穴で発掘された化石は、現生人類のものとしてはアフリカ以外で出たものでは
最古のものであるとのハナシ。化石は「ミスリヤ1」(Misliya-1)と名づけられたトサ。
■マンティコラ(Manticore)――森の中にすんでるという凶暴な怪獣で、たくさんの牙と毒針のしっぽをもっています。

2018.01.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

«  | ホーム |  »

発行人

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム