化け猪はへんげの研鑽をする

化け猪はへんげの研鑽をする

▼11.20 午前7時すぎ頃、群馬県大泉町に体長1.2mの猪が出没、小学生が咬まれる。警察や役場の職員により捕縛処分された。
■ばけいのしし(化け猪)――霊力をもったいのしし。いろんなものに化けてひとを化かしたりします。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。

2017.11.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

煮えたかどうだか膨張だ

煮えたかどうだか膨張だ

▼11.19 シリアのアブカマルの町、はげしい合戦の上で政府方の軍がまたまたISからの奪還を果たしたソウナ。
■ゆであずきかい(茹小豆買い)――ゆであずきを買いに歩くおつかいおばけ。
■ぐんえいき(軍営鬼)――いくさで死んだひとがなるという霊鬼。修羅の巷で生きるのだ。

●関連鬼事 「煮えたかどうだか取って見な

2017.11.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

てあつい餓鬼米

てあつい餓鬼米

▼11.19 去年度は転作などから飼料用の米の生産があがり、比較的安価な業務用の米の生産がさがり供給が不足気味。
供給不足から価格が上昇しつつあり、外食産業などでは値上げ検討が進んでるとのハナシ。
■じきかたんがき(食火炭餓鬼)――餓鬼のひとつ。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。

2017.11.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

葉っぱ4億枚相当だっちょ名画

葉っぱ4億枚相当だっちょ名画

▼11.15 クリスティーズにレオナルド・ダビンチの描いた絵『サルバトール・ムンディ』(Salvator Mundi、救世主)が出品され
オークションの結果、4億50312500ドル(約508億円)で落札されたトサ。下馬評では1億ドルだったのでとびぬけた高値。
■だっき(妲己)――殷の王朝を傾けた美女。九尾狐が化けたものだった。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。
■おおかもじ(大髢)――かもじの毛のぼさぼさ化けたもの。

2017.11.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

冷凍お獅子霊宝

冷凍お獅子霊宝

▼11.15 ロシア連邦のサハ共和国で、永久凍土のなかから凍ったホラアナライオンの子供がまるごとが発見されたトサ。
ホラアナライオン(Panthera leo spelaea、穴獅)は大体1万年前に絶滅した昔の生物。2015年に2頭、今年9月にもう1頭。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。
■ゆきおんな(雪女)――雪の日に出るおばけで、雪の中に立っていたり、人を凍えさせたりします。

2017.11.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

あまいお乳珠ウォーズ

あまいお乳珠ウォーズ

▼11.14 インドの銘菓のひとつ「ラスグッラ」(Rasgulla・奶豆腐甜湯円)について政府は西ベンガル州が発祥地と認定付与。
去年あたりから西ベンガルとオディシャどちらが発祥の地かで論争がつづいとったソウナ。
■くだん(件)――たまに産まれるという、ひとみたいな顔してる仔牛。未来を言い当てます。
■はくたく(白澤)――人語を解せる霊獣。ものしり。
■びろ~ん――こんにゃくみたいなぷるぷるしてるおばけ。しっぽで人の首などをなでてびっくりさせます。
■りうんばう――未確認なため正体がわかんないおばけ。

2017.11.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

おしりから行けむかで

おしりから行けむかで

▼11.15 東急田園都市線、池尻大橋~駒沢大学駅間で発生した架線支障の影響で、渋谷~二子玉川駅間の運転見合わせ。
午前5時36分頃に故障が起き、午前9時57分ころに運転を再開した。
■むかで(蜈)――おおきなむかで。妖界に於けるのりもの。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。

2017.11.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ぶどうゼリーとあでりいおろち

ぶどうゼリーとあでりいおろち

▼11.13 国立極地研究所などの国際研究班、南極のペンギンたちがくらげなどのゼラチン質動物プランクトンを食べてる頻度が
ほかに食べ物があったりする場面でも高いという観察結果を発表したトサ。くらげの内臓部分を狙ってるのかナとの考察。
▼11.13 ジョージアで発掘された8000年くらいまえの陶器の壺から葡萄酒醸造の痕跡が見られたと国際研究班が発表したトサ。
イランのザグロス山脈から発掘されてる7000年まえ頃の痕跡よりも古い葡萄酒の例と考えられるとのコト。
■まみん(魔民)――ひとびとに誘惑やわざわいをもたらすまものたち。魔衆。
■ぬらりひょん――海の上にぷかぷか出るらしいもの。ぬらりとあらわれひょんと消え。
■あでりいおろち――アデリーペンギンな顔の大蛇。

2017.11.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

鳥羽絵鯰魚絨毯

鳥羽絵鯰魚絨毯

▼11.12 イラクとイランの国境あたりでマグニチュード7.3の大きな地震。震源はイラクの北東部ハラブジャの南西30km。

2017.11.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

煮えたかどうだか取って見な

煮えたかどうだか取って見な

▼11.10-11 シリアの東国境あたりにあるアブカマルの町、ISによってふたたび掌握されたソウナ。政府方の軍は市外まで後退。
デリゾール県アブカマルは11月9日に奪回されてたが、その後も反撃合戦がつづいていた。
■ゆであずきかい(茹小豆買い)――ゆであずきを買いに歩くおつかいおばけ。
■ぐんえいき(軍営鬼)――いくさで死んだひとがなるという霊鬼。修羅の巷で生きるのだ。

2017.11.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

なんばあいんげんを持って魔役所へ行きたい浣熊

なんばあいんげんを持って魔役所へ行きたい浣熊

▼11.2 政府と総務省、13日からマイナンバー(社会保障・税番号)を使う行政機関の間での情報連携を本格運用すると発表。
853種類の行政手続きについて、課税証明書・住民票などの書類提出手続きが不要になるとのハナシ。
▼11.10 政府、日本年金機構と自治体とがマイナンバー(社会保障・税番号)を使って個人情報共有できるようにする政令を
閣議で決定したトサ。2018年の正月から試用をはじめて3月からは順次実施したいとのハナシ。
■ばけあらいぐま(化浣熊)――霊力をもったあらいぐまたち。
■じちむし(じち虫)――大きな虫のばけたもの。

●関連鬼事 「なんばあいんげんのすじとり

2017.11.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

退役ふきだし、喫茶店へ入りびたる

退役ふきだし、喫茶店へ入りびたる

▼11.8 任天堂のネットワークサービス『Miiverse』がサービスを終了。2012年からWii Uやニンテンドー3DSを使って運用。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。

2017.11.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

おやど空港のまねき人形

おやど空港のまねき人形

▼11.4 サウジアラビア、みやこのリヤドの上空でイエメンから飛んで来た弾道ミサイル1発を迎撃したトサ。
イエメンの反政府武装組織・フーシ派(Huthi)がキング・ハリド国際空港をまとに発射したと声明を出しちょるソウナ。
■わらにんぎょう(藁人形)――村ざかいとかに建てられる大きな人形は厄除けだったりもしますネ。
■でろれん――「でろれーんでろれーん」とうるさく鳴く妖怪。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。

2017.11.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

浄土長者の服は紙衣(ペーパー)だ

浄土長者の服は紙衣(ペーパー)だ

▼11.5 大西洋のイギリス領バミューダ諸島などのタックスヘイブン(租税回避地)につくられた会社などに関する情報の
電子ファイル1340万件を国際調査報道ジャーナリスト連合と南ドイツ新聞が入手し「パラダイス文書」(Paradise papers)と
名付けて報じたトサ。127名の47諸国の政治家・指導者・長者などの情報がお漏れ。
■ゆうれい(幽霊)――迷ってふわふわ出て来る亡霊。

●関連鬼事 「彼岸長者のパナマの帽子 バニラアイスの色が良し

2017.11.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ひみつ魔法の洗濯トト石鹸

ひみつ魔法の洗濯トト石鹸

▼11.2 エジプトの国際研究班、ギザのクフ王のピラミッドの壁の中に長さ30mの空間が隠れてるのを発見したと発表したトサ。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。
■ぎざがに――ピラミッドなザリガニ。

2017.11.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

Cinnamon-coloured hair

Cinnamon-coloured hair

▼11.3 インドネシアのスマトラ島で確認されてた肉桂色のちぢれっ毛なオランウータンたちは新種であると改めて知れたトサ。
あたらしい種は「タパヌリ・オランウータン」(Pongo tapanuliensis)と名づけられたソウナ。
■かっぱ(河童)――川にすんでる妖怪。あたまのくぼみのお水がちからのもと。
■にっきしょうじょう(肉桂猩々)――シナモンが好きな猩々。

2017.11.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

Golden Manterbou

Golden Manterbou

▼11.2 グアテマラのクチュマタネス山脈で1975年以来見かけられてなかった鮮やかなやまぶき色のサラマンダー
ジャクソンキノボリサラマンダー(Bolitoglossa jacksoni)の姿が確認されたトサ。GoldenWonderと呼ばれる稀な両生類。
■さらはちちょうじゃ(皿鉢長者)――お皿の化けたもの。
■かっぱ(河童)――川にすんでる妖怪。あたまのくぼみのお水がちからのもと。
■まんたぼう(まん田坊)――家に帰らない夫たちの前に現われたという女の妖怪。帯をつけてなく前をはだけてるらしい。

2017.11.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

化けオキシコドンどんのうどん屋さん

化けオキシコドンどんのうどん屋さん

▼11.1 大阪府貝塚市の薬局にどろぼうが入り、薬の入っている調剤庫の金庫が丸ごと盗まれてたトサ。
庫内には医療用麻薬「オキシコンチン錠」など8種類約800点の薬剤が入ってて、警察は転売目的の犯行とみておしらべ中。
■ばけオキシコドンどん(化け羥考酮どん)――オキシコドンの化けたもの。
■あへんのひげぐろ(鴉片の髭黒)――アヘンの化けたもの。
■あくちゅう(悪虫)――人の中に入り込んで食物を横取りし、養物不足を発生させる病虫の一ッ。

2017.11.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

手の目フォトの一括ダウンロード方法

手の目フォトの一括ダウンロード方法

▼10.31 ビッグローブ、運営していたTwitterクライアントサービス「ついっぷる」のサービス提供を終了。
「ついっぷるトレンド」は継続して提供をつづけるソウナ。
利用者に向けた「ついっぷるフォト」への過去の投稿画像の一括ダウンロードサービスは2017年11月30日まで。
■ひとつめこぞう(一ッ目小僧)――顔に目の玉が一ッだけあるおばけ。
■てのめ(手の目)――両の手のひらに目玉がついている妖怪。

2017.11.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

けっこうちゃんの不動産屋さん

けっこうちゃんの不動産屋さん

▼10.27 マクドナルド、食肉供給業者に対して鶏の飼育・処理に関する新基準の順守を義務付けることを明らかにしたトサ。
2024年までに、鶏舎の十分な採光確保や止まり木設置など、鶏たちの環境改善をうながすとのハナシ。
■けっこう(絜鉤)――ねずみのような尻尾を持っている鳥で、これが現われると悪い疫病が流行すると言われています。
■ばさん(波山)――にわとりの妖怪。ばさばさと戸をたたいたり、火を起こしたりします。

2017.10.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

外国航路精霊馬ステンション

外国航路精霊馬ステンション

▼10.28 政府、平成30年度税制改正大綱のなかに日本から出国する人に課す「出国税」1人1000円とする方針を盛り込んで行くと
固めたトサ。航空運賃などに上乗せをして徴収するつもり。
■おに(鬼)――日本の妖怪。怪力のもちぬし。
■カー(Ka)――エジプトにつたわるたましい。

2017.10.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

浄瑠璃百五十五段語る、おうにゃ太夫

浄瑠璃百五十五段語る、おうにゃ太夫

▼10.27 スペインのカタルーニャ自治州議会、独立した共和国であるとの宣言を賛成多数で可決したトサ。
一方スペインの上院議会ではカタルーニャ自治権停止についての投票がおこなわれ、そちらも賛成多数で承認されたソウナ。
自治権停止は同国憲法155条「地方自治体が国益に深刻な被害を与える行動を取った際に」を使った政府側の対抗作戦。
■ねぶかだゆう(葱太夫)――浄瑠璃を語りまくるねぶか(ねぎ)ですが、そのお声はとってもおヘタでござる。
■おうにゃたゆう(鰻太夫)――浄瑠璃を語りまくるおうな(うなぎの蒲焼)。あぶらっぽい。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。

2017.10.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

やまにおでみせプレミアムずわいデエー

やまにおでみせプレミアムずわいデエー
▼10.26 アメリカ合衆国国立公文書館、1963年のケネディ大統領暗殺事件に関する機密指定の資料の一部を公開したトサ。
全体については、また今後180日をかけての審査のうえで公開のするしないを決めるソウナ。
■ずわいだんな(頭矮旦那)――体の大きさにくらべてものすごく頭がちいさいすがたの妖怪。身なりは旦那風。
■もうりょう(魍魎)――木や石のおばけ、または水のおばけと言われていて、亡者の肝を好んで食べてしまいます。
■かっぱ(河童)――川にすんでる妖怪。あたまのくぼみのお水がちからのもと。秋のお彼岸から先は山にはいるよ。

2017.10.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

1133.98ぐらむ

1133.98ぐらむ

▼10.25 日本の産業技術総合研究所など五ヶ国の研究機関、珪素で出来る1kgの珠をつくりキログラム単位の基準とする手法を
確立せりと発表したトサ。直径約9.4cmの球形の珪素で、白金イリジウム合金製のキログラム原器より精度を保てるとのハナシ。
■てんぐ(天狗)――神通力をもった山に住んでるもの。
■くろたま(黒玉)――まっくろいふわふわしたもの。

2017.10.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

おまるいあのお花はどこのダレダナ

おまるいあのお花はどこのダレダナ

▼10.22 シリア、ISISが支配下においてたオマル油田を奪還したトサ。シリア民主軍は周辺で掃討をつづけちょるソウナ。
■ぐんえいき(軍営鬼)――いくさで死んだひとがなるという霊鬼。修羅の巷で生きるのだ。
■どさくさ(どさ草)――別名「いくさ」とも呼ばれるふしぎな草で、太古の昔から時々地上に芽を出してはすくすく育ちます。
■あぶらだな(油田菜)――油田に生える菜の花。どさ草とは仲が良かったり悪かったり。

●関連鬼事 「お花がどこから出てたか忘れちゃった

2017.10.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

化けいのししの一家庭

化けいのししの一家庭

▼10.23 香川県高松市香西本町のイオンモール高松で猪が1頭、店内1階を歩きまわる。客や店員4名や警察官がかじられたトサ。
猪は全長110cmのめすいのししで、捕獲されて死んだソウナ。
■ばけいのしし(化け猪)――霊力をもったいのしし。いろんなものに化けてひとを化かしたりします。
■ばけだぬき(化け狸)――霊力をもったたぬき。ひとを化かしたりします。

2017.10.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

期日前おひょうまい収穫

期日前おひょうまい収穫

▼10.22 第48回衆議院議員総選挙。台風とかさなってしまったので期日前に投票に行く人が多かったりもした。
▼10.22-23 台風21号、超大型に日本列島を通過中。雨風や高潮への影響への注意警戒よびかけ。
各地で雨水・増水による浸水・冠水が多く発生。和歌山県海南市の道路で土砂崩れが起こったのをはじめ、土砂崩れも各地で。
■おひょうまい(お票米)――票田に生えてる稲。ぺこぺこ。
■のうさくようかい(農作妖怪)――妖界のおひゃくしょうさん。
■むかで(蜈)――おおきなむかで。妖界に於けるのりもの。
■ばけだぬき(化け狸)――霊力をもったたぬき。ひとを化かしたりします。

2017.10.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

台風コロッケ婆、ひょうでんを見に行く

台風コロッケ婆、ひょうでんを見に行く

▼10.21-22 台風21号が日本に向かって北上接近。つよい威力の暴風・高潮・高波・大雨への注意警戒よびかけ。
■たいふうコロッケばばあ(台風コロッケばばあ)――荒天日に出て来てコロッケを通行人の口や鞄にむきだしでねじこむ。
■からかさおばけ(唐傘おばけ)――からかさの化けたもの。

2017.10.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

だきに夜泣き蕎麦屋のだきにがまた居ない

だきに夜泣き蕎麦屋のだきにがまた居ない

▼10.19 マラウイのブランダイヤで、自警住民がバンパイアと目した男性2名を殺害する騒ぎ。マラウイの南部地方では先月から
吸血鬼のうわさのたかぶりで夜間外出禁止令が出てる状態。これ以前にもすでに各地で何名も殺害されちょるソウナ。
▼10.20 マラウイ、19日の殺人事件に関与したとみられる124名を一斉摘発逮捕したソウナ。
■のっぺらぼう――顔に目鼻口などがなくてのっぺらぼうとしてるおばけ。
■だきにてん(荼吉尼天)――人間の心臓をたべるといわれてる鬼神。

2017.10.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

はたいろ御菓子

はたいろ御菓子
▼10.17 シリアのラッカのはたじるしがIS方からシリア民主軍方へと変わったトサ。
▼10.18 有志連合は「シリア民主軍は9割方ラッカの市域を奪還、いくつかの地区で掃討を続行中」と明言したトサ。
■きなこぼう(黄粉坊)――黄色くてまるっこい妖怪。詳細は不明。

●関連鬼事 「かんらく御菓子

2017.10.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム