竜宮伝来・乙姫飴

龍宮伝来・乙姫飴
  玉手箱詰 三千年間腐敗せず
右は昔ノアの洪水の節。夏の禹王の随行員たりし田原藤太秀郷が南洋巡視中。親しく製法を伝来せし奇妙無類の飴なり。その強壮補血に功あるは云うに及ばず。茶前酒後の御愛玩に亀の万年の齢いを保ち。くらげの骨を強くして車えびの如くお腰の曲る憂も無く。豈にただ舜の労を思い。盗跖の戸に潅ぐの類のみならんや。飴の中からお太福の福を得ること疑い無ければ。浜の真砂の数多く太平海のいと広く御評判の上お求め有らん事を祈る。

  弁天通り三丁目
    製造本家 蜃気楼
  不知火魚市場
    大取次所 浦島太郎

▼1887.11.25 『日の出新聞』(USO八百号)より

2008.12.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 広告

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム