fc2ブログ

審査貝のおひるごはん

審査貝のおひるごはん

▼2.28 政治資金パーティーをめぐる問題についての衆議院政治倫理審査会がおこなわれるハズだったが開催が見送りに。
午後、29日と3月1日に審査会をテレビ中継などを通じた公開を含めたかたちでおこなうことを幹事会にて決めたトサ。
■こっかい(黒貝)――たくさんの貝の中から選ばれて真ッ黒になる貝。
■しんさかい(審査貝)――審査会議をする貝。燐が多く含まれてる。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。

2024.02.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

おてがみ猿鬼

おてがみ猿鬼

▼2.27 大地震の被害によって停まっていた石川県での郵便物の配送が珠洲市や能登町などの一部で再開される。
■さるおに(猿鬼)――能登などにつたわる怪物。鬼の仲間。

2024.02.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

農作妖怪の笠

農作妖怪の笠

▼2.27 政府、「食料・農業・農村基本法」の改正案について閣議決定。国会での成立を目指したいとのハナシ。
世界の情勢不安を含めた食料安全保障の面の強化や、第一次産業の従事者不足の解消についての内容を盛り込んでる。
同時に、食料不足の事態における対策根拠とする「食料供給困難事態対策法案」など関連法も成立を目指しちょるソウナ。
■のうさくようかい(農作妖怪)――田畑づくりに余念のない妖怪たち。
■やまのかみのきんたま(山の神の睾玉)――山林の枝などについてるふわふわしたもの。かまきりの卵などのこと。

2024.02.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ぬらりひょんとひらめなたい

ぬらりひょんとひらめなたい

▼2.26 イスラエル、軍部からパレスチナ自治区ガザの住民退避とラファの街への作戦計画が内閣に提出されたと発表したトサ。
■ぬらりひょん――大きなあたまをしたなぞの妖怪。

●関連鬼事 「ぬらりひょんお盆のあげさげ

2024.02.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

鶴栽培する薬研

鶴栽培する薬研

▼2.24 ウエルシアホールディングスとツルハホールディングス、経営統合をする検討調整に入ったソウナ。
ドラッグストアの大店同士の統合。ウエルシアの親会社にあるイオングループが主導するかたち。
■やげんむぐら(薬研むぐら)――薬研のばけたもの。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。

2024.02.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

獣炭味だっちょ

獣炭味だっちょ

▼2.15 イタリアのパドバ大学自然人類博物館にある2億8000万年前の古代爬虫類の化石は完全なものではないと知れたトサ。
トリデンティノサウルス・アンティクウスス(Tridentinosaurus antiquus)の化石で、皮膚組織なども遺ってる標本とされてたが
アイルランド国立大学などの研究班がはじめて分析にかけてみたところ、削って輪郭を際立たせ獣炭で彩ってると知れたソウナ。
後肢のあたりの骨や、皮骨板の痕跡のみが実際の化石。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。

2024.02.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

39000ドルのわらじ履いてく蕪

39000ドルのわらじ履いてく蕪

▼2.22 アメリカ合衆国ニューヨーク株式市場、ダウ平均株価の終値が前日比456.87ドル高となり、39069.11ドルに達する。
ハイテクノロジー株の買いが膨らんだ結果の続伸により、12日の38000ドル台の記録更新を飛び越えたかたち。
■ばけかぶら(化け蕪)――かぶの化けたもの。

2024.02.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

モーダルおてながシフト

モーダルおてながシフト

▼2.22 ネスレ日本、商品の中距離輸送(500km以下)の一部もトラックから鉄道へと切り替えをおこなう。
これまでも商品の長距離輸送を鉄道を使ったものに切り替えるこころみ(Modal shift、モーダルシフト)を導入して来てた。
■ておながおばけ(御手長おばけ)――御手長は調理場からお次の間までの廊下などを、お膳や飲物を運ぶ役目の者。
■おかいかんにょ(御貝官女)――あたまの上に貝の乗っているおばけ。

2024.02.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

舞首・舞六首

舞首・舞六首

▼2.20 「ロックビット」(LockBit)を用いてた国際サイバー犯罪集団のメンバー2名、ポーランドとウクライナで摘発される。
使用されてたサーバーや資産口座も19日に閉鎖、開発システムも破壊されたソウナ。
■まいくび(舞首)――火に包まれた生首が喧嘩をしながらぐるぐる舞い飛んでるというもの。

2024.02.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

のびさく夜なべの縄づくり

のびさく夜なべの縄づくり

▼2.17-19 ロシア連邦、ヤマロ・ネネツ自治管区の刑務所で16日に散歩中に突然亡くなったアレクセイ・ナワリヌイの遺体を
14日間の「化学検査」を実施して死因をハッキリ明確に調査した上で、遺族に引き渡すと説明してるトサ。
ナワリヌイ陣営側は薬剤投入などの痕跡隠蔽のために意図的に長期間、引き渡さないのではないかとして早急の返還を求める。
■のびさく(諾維作)――ノビチョク(Novichok)の化けたもの。
■ばけだぬき(化け狸)――霊力をもったたぬき。ひとを化かしたりします。

2024.02.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

鮫人から真珠とびでる春

鮫人から真珠とびでる春

▼2.16 千葉県のスーパーで売られてた帆立の中から天然の真珠が7個も見つかったトサ。
ただし、出て来た真珠は成長前の小粒のものなので取引されるような大きさではなかったとのハナシ。
■こうじん(鮫人)――南の海に住んでる者。織物をつくるのが上手。その涙は珠になるということが伝えられてます。

2024.02.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

えっちらおっちらなたまめ背負って銀河膝栗毛

えっちらおっちらなたまめ背負って銀河膝栗毛

▼2.17 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、ロケット「H3」2号機を種子島宇宙センターから宇宙へ発射。
無事に予定の高度で小型衛星「CE-SAT-1E」を分離したトサ。
■からすてんぐ(鴉天狗)――山にすんでる天狗さん。鳥のすがたをしています。
■なたまめ(刀豆)――なたまめは上にのびて下にまた成長することから道中の安全のおまもりに用いられてました。

2024.02.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

第二さん、第十三・十四さん、第十六さん、第四十八さん

第二さん、第十三・十四さん、第十六さん、第四十八さん

▼2.15 法務省、4月から刑務所のなかでの全ての受刑者を呼び捨てではなく「さん」づけで呼ぶことを実施させるとのハナシ。
職員などに対する「先生」などの呼ばせかたも廃止する方向。
●牧野忠精『異類異形編』に描かれてる画像妖怪たちは数字がいくつか付けられているダケの形式で描かれてます。

2024.02.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

きんぱぎんぱのきんなまこ

きんぱぎんぱのきんなまこ

▼2.14 北海道福島町の白符の沖で全身金色のような海鼠が捕れる。めずらしく、豊漁が来そうで縁起がよいと語られたトサ。
■きんなまこ(金海鼠)――金色のなまこ。
■うみおとこ(海男)――海に出るらしいうろこたっぷりな妖怪。

2024.02.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

千石札たてがきよこがき

千石札たてがきよこがき

▼2.15 内閣府、2023年の通じての国内総生産(GDP)を発表。名目GDPは591兆4820億円(約4兆2106億ドル)
洋銀にすると、1位(アメリカ合衆国)2位(中華人民共和国)3位(ドイツ)につづく4位に。3位の座(2010年~)から下落。
円安ドル高などの為替影響も下落要因としては多少ありとのハナシ。
■せんごくのふだ(千石札)――神仏や稲荷が持ってるおふだ。夢で頭にこれを貼られると千石以上の福徳を得るトカ。
■かねだま(金霊)――金貨の精霊で、ひとに福をもたらします。

2024.02.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

高レベルおまんじゅう用あんこ審議会

高レベルおまんじゅう用あんこ審議会

▼2.13 原子力発電環境整備機構(NUMO)、資源エネルギー庁の審議会に高レベル放射性廃棄物の最終処分地選定に関して、
北海道寿都町ならびに神恵内村の2候補地の適地評価についての文献調査報告書案を示したトサ。
■あまのじゃく(天邪鬼)――ひとの言う事に対して逆の事を言ったりする怪力な妖怪。

2024.02.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

野槌のよこどり農村なまこ

野槌のよこどり農村なまこ

▼2.11 宮城海上保安部、9日午後10時27分頃に宮城県利府町で特定水産動植物の採捕の疑いで現行犯逮捕した7名について発表。
小型船舶で海鼠の密猟をしてた容疑で、石巻漁港ちかくの海域で無許可で1346.8kgもの海鼠を捕ってたとのハナシ。
■のづち(野槌)――山の中に住んでいる口しかない蛇。人を見かけると、ころころ転がって来たりします。

2024.02.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

山女のげんばおけ

山女のげんばおけ

▼2.11 防衛省、輸血のための「全血」な血液製剤を製造・備蓄出来るようにする働きかけを進める方針を固めたトサ。
「低力価O型」の血小板を含む全血製剤を、採血から備蓄・輸血使用までを自衛隊内で出来るようにしたいとの見通し。
■やまおんな(山女)――山奥に出る女のすがたの妖怪。正体は山奥にいる大蛇。
■ばけげんばおけ(化け玄蕃桶)――玄蕃桶の化けたもの。
■すだま(魑魅)――山の中に住んでるおばけたち。

2024.02.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

いなごかいもの堂

いなごかいもの堂

▼2.10 イトーヨーカ堂、北海道・東北・信越地方の17店舗の撤退を発表。経営改善のため不採算店を切り離すかたち。
該当店舗は順次、閉店や他店への事業継承をする方向。今後も首都圏のみを主軸とした運営にうつる動き。
■とうふこぞう(豆腐小僧)――豆腐を持って雨の日などに歩いてるおつかい姿の妖怪。
■はだかいなご――いなごの化けたもの? らしい妖怪。

2024.02.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

ぬらりひょんお盆のあげさげ

ぬらりひょんお盆のあげさげ

▼2.8 イスラエル、パレスチナ自治区ガザのラファの街の一部を攻撃。
アメリカ合衆国は、イスラエルに対しラファに逃げ込んでいる多くの一般市民への配慮のない作戦は支持せぬと表明。
▼2.9 イスラエルのネタニヤフ首相、軍に対してラファにいる一般市民への退避計画を提出するよう指示したトサ。
▼2.9 格付け会社のムーディーズ、イスラエルの格付けについて「A1」から「A2」に引き下げ。
■ぬらりひょん――大きなあたまをしたなぞの妖怪。

2024.02.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

鮑宇里の干熨斗がひょーひょーと

鮑宇里の干熨斗がひょーひょーと

▼2.8 ロシア連邦の中央選挙管理委員会、ボリス・ナジェージュジンは大統領選挙への立候補資格に足りぬとの判断を下す。
立候補者登録に必要とされる10万人以上の署名のなかに、無効なものがあったとのお達し。ナジェージュジン側は異議を示すとのハナシ。
大統領選挙は3月におこなわれる予定。
■ほうり(鮑宇里)――あわび熨斗の化けたもの。
■おかいかんにょ(御貝官女)――あたまの上に貝の乗っているおばけ。

2024.02.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

明智の蜘蛛火

明智の蜘蛛火

▼2.7 滋賀県大津市で、住宅地造成のための調査で坂本城の三の丸ものとみられるお堀と石垣が発見されたと発表される。
■くもび(蜘蛛火)――ほろぼされた明智光秀の亡霊がなったという火の玉。雨の降る夜などに出るんだトカ。
■ひとつめこぞう(一ッ目小僧)――顔に目の玉がひとつだけある妖怪。

2024.02.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

かわらー運ぶしーさー

かわらー運ぶしーさー

▼2.6 沖縄県の首里城再建に用いるための瓦の生産が与那原町の島袋瓦工場で進む。4月にかけて6万枚をつくる。
赤瓦の材料は現在採掘可能地が乏しく、かろうじて残った葺き瓦のかけらたちを砕いたものも混ぜられて調達をしたソウナ。
■シーサー――獅子。焼きものの像が家のまわりや屋根に置かれて魔除けにされたりします。

2024.02.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

あしながコンデンサーよなきコンデンサー

あしながコンデンサーよなきコンデンサー

▼2.5 村田製作所、島根県出雲市にある工場のとなりにあたらしい生産棟の建設を発表。2026年3月完成予定。
積層セラミックコンデンサー(MLCC)の需要対応を目指すとのハナシ。
■ばけセラミックコンデンサー(化けセラミックコンデンサー)――コンデンサーの化けたもの。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。

2024.02.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

麹塵のうみそ交易

麹塵のうみそ交易

▼2.2 欧州連合(EU)、人工知能の利用に関する包括的な法律「AI規制法」(AI Act)の導入を合意したトサ。
最後の段階まで反対側だったフランスが合意に達して、まるく合意におさまったとのハナシ。以後は本会議にかけられる方向。
■みそのおに(味噌の鬼)――お味噌を増やしたり悪くしたりする霊鬼。
■じんこうちのう(沈香知能)――脳みそみたいな大きさの沈香の化けたもの。

2024.02.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

お米会所のばたばた鳥

お米会所のばたばた鳥

▼2.3 大阪市の堂島取引所、米の「指数先物」の取引上場について2月下旬に農林水産省・経済産業省に認可申請するとの方針。
■ばたばたどり(ばたばた鳥)――お米や砂糖などの相場をばたばたはげしく上下させてしまうとりのおばけ。

2024.02.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

いらぬほど高い硬度の隠れ笠

いらぬほど高い硬度の隠れ笠

▼1.28 ヨルダンの北東部に駐留するアメリカ合衆国の駐留軍に無人機による攻撃が行なわれて被害が出る。
31日、アメリカ合衆国は親イラン武装組織連合体「イラクのイスラム抵抗運動」によるものだと断定。
▼2.2 アメリカ合衆国、攻撃をおこなったシリアとイラクにある親イラン武装組織らの軍事施設に対し報復としての空爆。
■からすてんぐ(鴉天狗)――山にすんでる天狗さん。鳥のすがたをしています。天狗たちには熱鉄を飲まさせられる苦行も。

2024.02.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

おりたたみ鷭

おりたたみ鷭

▼2.1 欧州連合(EU)、臨時首脳会議でウクライナに対する支援として500億ユーロの援助を実施することで合意に達する。
去年12月の段階までハンガリーのオルバン首相が拒否権を示してたが、このたび全会一致したソウナ。
■じゃみ(邪魅)――人に悪いことをもたらすおばけ。猪や虎はキライ。
■さんぼうおばけ(三方おばけ)――さんぼうの化けたもの。

2024.02.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

鬼のお弁当どうくつパック

鬼のお弁当どうくつパック

▼1.31 ドイツのマックスプランク研究所などの国際研究班、ドイツのテューリンゲン州にあるイルゼンの洞窟の再発掘作業で
発見された13個の骨片化石は約45000年前のホモ・サピエンスのものと発表したトサ。そのころ住んでたのが現生人類と知れた。
■おに(鬼)――日本を代表する妖怪のひとつ。おにひとくちに食べちゃいます。

2024.02.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

«  | ホーム |  »

発行人

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

広告

『2024 百鬼御用 妖怪かるた』


『大佐用』合冊版1 蠱の巻
(vol.0-60)


『大佐用』合冊版2 毒の巻
(vol.61-120)


『大佐用』合冊版3 大の巻
(vol.121-180)


『大佐用』合冊版4 佐の巻
(vol.181-240)


『製本直送.com』より実費頒布にてお届け致します。





妖怪ぐるぐる絵さがし

妖怪ぐるぐる絵さがし』公開中。
アクションゲームツクールMVの作り方を理解するための試作ゲーム第3弾です。

アクションゲーム 『刑天のこっけらばち牧場』 も公開されました!

人面とかぼちゃのゲーム 人面草紙かぼちゃの巻

人面草紙かぼちゃの巻』公開中。
アクションゲームツクールMVの作り方を理解するための試作『人面草紙』のゲーム、いちおう完成品となりました。

マジムン用みがき粉  ピカムンクラズター CMソング

新・妖怪党時計ページはコチラ

検索フォーム

月別記事