12万年後の仙界

12万年後の仙界
▼11.29 日本アニメーター・演出協会、三菱鉛筆の出した「硬筆色鉛筆(赤色を除く)生産終了する」という案内ならびに
市場在庫払底に対して緊急告知をしたトサ。
▼12.01 三菱鉛筆、硬質色鉛筆のうち橙色・黄緑・水色を「需要が見込まれる」として当面の間、生産継続すると緊急発表したトサ。
他の単色と12色セットに関しては生産を終了するとのハナシ。
■ぼくせいしょうどう(墨精少童)――墨の精霊。すずりばこの中から小人のような姿で出て来たりします。
■しきひつく(色筆駒)――いろえんぴつのおんまさん。

2015.12.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム