はっ、はっ、廃寺の天眼猫さん

はっ、はっ、廃寺の天眼猫さん

▼12.30 政府、民家の空き部屋などを旅行者(東京五輪も当て込んで)に宿として貸す「民泊」を
2016年は個人に、2018年までには企業などに段階的に解禁してゆき関連した法律改正・整備をしたい方針。
訪日外国人の増加を成長戦略の一環として据えちょるので、まずは特区などを立てて、実施運用するとのハナシ。
■てんがんみや(天眼猫)――ねこの耳と、かにの手足を持ってるおばけ。
■ファウヌス(Faunus)――森の中にすんでるかみさま。
■ばけひなどり(化雛鳥)――ひなどりの化けたもの。

2015.12.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム