和漢百魅缶2016年新春連続興行

和漢百魅缶2016年新春連続興行
▼1.4 「和漢百魅缶」で連続アップ興行。今年のはじめてのアップ。とざいとーざーい。
■うわん――「うわん」と大きな声でさけぶおばけ。
■じおうせんび(地黄煎火)――賊によって殺されて貯金を奪われてしまった地黄煎売りの執念の怪火。
■ひごしきはん(飛五色幡)――空に舞い飛んだりする五色の幡のようなふしぎなもの。

えんおうふう(鴛鴦楓)■どうちゅうのびふじん(洞中の美婦人)■ぎすい(蟻祟)■ちんせい(枕声)
かんしゅじょし(勧酒女子)■ありみつどん(有光どん)■ひごしきはん(飛五色幡)
きたかぜすけのじょうのしょう(北風助之丞の妾)■じおうせんび(地黄煎火)■はなかぜひきおうまる(鼻風引王丸)

2016.01.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 広告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム