筍おんじょ貼り交ぜびょうぶ

筍おんじょ貼り交ぜびょうぶ

▼6.15 鹿児島県口永良部島の沖の日本領海に中華人民共和国の情報収集艦1隻が航行してるのを哨戒機が確認したトサ。
■たけのこおんじょ(筍おんじょ)――筍をぽきぽき採ってる山の中に出るもの。これの出る年はおいもが不作。
■うみぼうず(海坊主)――海に出る大きなおばけ。船を沈めたりします。

●阿倍仲麻呂「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」

2016.06.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム