南の海の糖穴

南の海の糖穴
▼7.30 中華人民共和国海南省三沙市の研究機関の科学者ら、西沙諸島沖にある藍洞(blue hole)のひとつで地元の人々から
「竜の穴」とか「目」と呼ばれる水下洞穴はロボット調査の結果、300mの深さをもっており、世界最深の藍洞ではと発表。
■ゆうぎょ(鯈魚)――鵞鳥のようなあたまが4つあるという異魚。これをたべると憂いあるいは火を去るらしい。
■ぐれぐ――小指のつめの先ぐらいの大きさしかない小さなおばけ虫。
■りゅう(竜)――水の中などに住んでいる大きな神通力をもったもの。
■かきにゅうどう(柿入道)――収穫されずに放っておかれた柿の実の化けたもの。おしりから甘いものを出す。

●愚邏蹂糖デザイン/清見ヶ原遊市 愚邏蹂糖

2016.08.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム