手っちゃおの見る雪の味

手っちゃおの見る雪の味

▼8.9-10 高気圧の影響で日本各地で非常につよい猛暑がつづく。9日の午後2時半ころ山梨県身延町では39.2℃を記録。
こまめな水分補給や、適切な冷房機器の活用などが呼びかけられる。
■ちのて(血の手)――ひとの背後から血まみれな感じの手を差し出してくるというおばけ。
■つちころび(土転び)――ころんころんと転がってきて、ぱくっと噛み付いてきたりします。転がりおりるのはとても速い。

●つちころびエキスデザイン/清見ヶ原遊市 ほっと・わいん

2016.08.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム