ひとくさいひとつください

ひとくさいひとつください

▼8.10 オランダのワーヘニンゲン大学とケニアの研究班、伝染病を媒介する蚊の防除のために、ひとくさい臭いを発生させて
蚊を捕まえるしくみの太陽電池式蚊取器を実験した結果を発表したソウナ。
■ひとくさい――山の中にすんでるという一本足のおばけ。人間を食べるらしい。
■ひのえんま(飛縁魔)――見た目は美しいが残虐な魔物。
■ぬっぺっほふ――表情があるのかないのかわからないのっぺらぼうなおばけ。
■おに(鬼)――日本の妖怪。怪力のもちぬし。

●卵デザイン/宗柳亭七狐 川赤子の卵

2016.08.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム