びいがん御坊料亭では、多色猩々料理に対応してます

びいがん御坊料亭では、多色猩々料理に対応してます


▼9.23 産業技術総合研究所、キイロショウジョウバエの雌が「スピロプラズマ」という細菌に感染すると、産卵のときに
雄の卵だけ死滅する現象が出る仕組み(染色体に影響を与えてる)を解明したと発表したトサ。
応用をすれば、益虫を増やすときに特定の性別だけを生産することができる可能性があるのではとのハナシ。
■おにび(鬼火)――青白いひとだま。
■びいがんごぼう(びいがん御坊)――大きな顔をした妖怪。ひとをびっくりさせます。

■しょうじょう(猩々)――海に住んでるお酒のすきなもの。ふつうは髪の毛が真っ赤です。

2016.09.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム