夜道の大熊くんは首から上ぼうぎょ

夜道の大熊くんは首から上ぼうぎょ
▼11.13-14 宮城県仙台市、富谷市で住宅地に熊が出没。おばあさんが顔を掻かれたりした。
▼11.14 京都府南丹市日吉町畑郷で熊が出没。民家でおじさんが咬まれたりしたが、顔を殴り返したら去った。
いずれも日暮れ以後の夜・深夜などに現われておるくま。
■おおぐま(大熊)――からだのおおきなつよい熊。
■ちょうちんこぞう(提灯小僧)――ボワッとした明かりのちょうちんをともして、寂しい夜道などを歩いている小僧さん姿のおばけ。

2016.11.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム