シヴァージーすごろくはビッグ寸法

シヴァージーすごろくはビッグ寸法

▼12.24 インド、ムンバイ沖の島に建立予定の大「チャトラパティ・シヴァージー」像の礎石を据えたトサ。
シヴァージーは天竺のマラーター国のはじめの王様で、今回の大雕像は2019年完成予定で192mの高さ。(牛久の大仏より巨大)
■びろ~ん――こんにゃくみたいなぷるぷるしてるおばけ。しっぽで人の首などをなでてびっくりさせます。
■ひとつめ(一ッ目)――顔に大きな目の玉がひとつだけあるおばけ。

■チャトラパティ・シヴァージー(Chhatrapati Shivaji)ソヤラバイ夫人(Soyarabai)「チャトラパティ」はマラーター国で「おおきみ」の意。
■ジャイ・シング(Jai Singh)天竺のアンペール国の王。
■アウラングゼーブ(Aurangzēb)ムガール帝国の皇帝。
■アフザル・ハン(Afzal Khan)天竺のビジャープル国の武将。

2016.12.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム