竜宮まいりの磯辺の茶屋に増えたトサ

竜宮まいりの磯辺の茶屋に増えたトサ

▼2.14 中華人民共和国の研究班、雲南省から出たディノケファロサウルスの雌の化石を調査した結果、古代の海生爬虫類の
一部は卵生ではなく胎生であったようだと発表したトサ。お腹のあたりに胎児のようなかたちで子供な化石があったことが論点。
■すいぞくせい(水族精)――サカナやエビやカイなど海の幸の精霊たち。竜宮城ピープル。
■かいじゃ(海蛇)――うみのなかに棲んでいるという巨大な蛇。
■しぼが(子母河)――西遊記に出て来るふしぎな川。ここの水をのむと誰でもお腹に子を妊娠しちゃう。

●「お伊勢まいり」 お伊勢まいりの 石部の茶屋で 会ったとさ かわいい長右衛門さんの 岩田帯しめたとさ

2017.02.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム