野寺坊、銅狗ちゃんに特殊環境栽培を教える

野寺坊、銅狗ちゃんに特殊環境栽培を教える

▼3.13 ペルーの国際ポテトセンター(CIP)、火星の環境条件を再現した実験施設のなかでじゃがいもを栽培育成できたと
2月14日から3月5日の実験状況を発表したソウナ。この火星畑じゃがいも実験先五年間くらいをかけて続けるのだトサ。
■のでらぼう(野寺坊)――古く荒れ果てたお寺に出るというお坊さん姿のおばけ。
■どうく(銅狗)――燃えるように熱い銅の牙や爪をもつ地獄の巨大ないぬ。

2017.03.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム