ベコスじゃなくてオソバをたのんだ

ベコスじゃなくてオソバをたのんだ

▼3.16 エジプトのカイロで先般ほりだされた珪岩製の像は一部に刻まれたヒエログリフからプサムテク1世(Psamtik I)を
かたどったものという可能性もあるかな? と見識がすすんだトサ。
■どうのつら(胴面)――あたまが無く、胴体に顔がついてるというすがたの妖怪。

●ベコス(Bekos)――フリギア語でパンのこと。おまんま。プサムテク1世の世界最古の民族はどこなのかの実験を行った時
人語から隔離され羊といっしょに育てられた赤ちゃんがはじめにしゃべったといわれてることばだヨ。
●関連鬼事 「姥石ちゃんの焼いてる煎餅は古いし砕けてる

2017.03.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム