洗ったあと、とびはねをスグ乾かしたい墓磨きちゃん

洗ったあと、とびはねをスグ乾かしたい墓磨きちゃん

▼4.1 京都府の下鴨神社で舞殿の柱など数箇所にあぶらのような液体がかかけられてのが見つかったトサ。
▼4.1 奈良県の金峯山寺で蔵王堂の扉など数箇所にあぶらのような液体がかけられてるのが見つかったトサ。
▼4.2 沖縄県の首里城の守礼門や万国津梁の鐘など数箇所にあぶらのような液体がかけられてるのが見つかったトサ。
▼4.3 沖縄県那覇市の旧崇元寺にある第一門の門扉にあぶらのような液体が何箇所かかけられてるのが見つかったトサ。
▼4.3 東京都の明治神宮の社殿南側の鳥居や門柱など数箇所にあぶらのような液体がかけられてるのが見つかったトサ。
▼4.4 東京都の増上寺で柱や観音像など数箇所にあぶらのような液体がかけられてるのが見つかったトサ。
■はかみがき(墓磨き)――誰も知らないうちにお墓の石をぴかぴかにみがいていってしまうというおばけ。
■ひふき(火ふき)――火を吹いてるふうな顔のおばけ。大ふき、大好き、ひょんな等は同体異名・同属とみられるもの。

●関連鬼事 「びろ~んの寝耳モーニング」、「容器で水ぶしゅーーっとやりたい墓磨きちゃん

2017.04.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム