ひのきの精ちゃんたち出掛ける

ひのきの精ちゃんたち出掛ける

▼6.28 神奈川県相模原市が管理する中野財産区(旧津久井町)に生えてる権利登記のある檜の木(現・樹齢約98さい)26821本が
今年2月の調査では登記された檜だと思われる木は1本も生えておらず、相模原市の側は登記抹消の手続きを進めちょるトサ。
登記されたのは1953年だが、いつのときどこのだれが木をどうこうしたかはぜんぜんわからぬのじゃソウナ。
■ひのきのせい(檜の精)――ひのきの木の精霊。
■やまざめ(山鮫)――山の中にすんでるこわい生き物。

2017.06.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム