鍍厘さんの物件さがし

鍍厘さんの物件さがし

▼3.9 埼玉県埋蔵文化財調査事業団、去年の12月に蓮田市黒浜で出土した銅銭がたくさん詰まった瓶について発表。
銅銭は開元通宝や永楽通宝などの19種類で、15世紀以後のものと見られ、20万枚ちかくの量があると見られちょるソウナ。
■とりん(鍍厘)――お金をたくさん吸い寄せるおばけで、お金まわりのいいひとに好んで取り憑いてくるといいます。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。

2018.03.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

発行人

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム

月別記事