人魚の寿命と珈琲は関係しりません

人魚の寿命と珈琲は関係しりません

▼7.10 インペリアル・カレッジ・ロンドンとアメリカ合衆国の研究班、欧米諸国を対象にコーヒーについての調査結果を発表。
コーヒーと寿命の関係を調べもので、「飲む量が多いほど死亡リスクが低下する」との結果だトサ。
アメリカ合衆国での調査では、1日に2~4杯飲む人は、飲まない人に比べて死亡リスクが18%低い、という統計結果。はてさて。
■にんぎょ(人魚)――体の半分が魚、半分が人間なもの。海にいます。
■おっか(大化)――白くてまるっこいおばけ。

2017.07.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

古文先生しってますか経帯麺

古文先生しってますか経帯麺

▼7.14 新横浜ラーメン博物館、稲沢俊之さんからの『蔭涼軒日録』に出て来る長享2年(1488)につくって饗された「経帯麺」が
日本の中華麺を食べた記録の最古級なのではとの提供をモトに、日本のラーメンの最古レコードについての展示を塗替えたトサ。
■たかつきのおばけ(高坏のおばけ)――高坏の妖怪。古文先生ではない。
■こぶんせんせい(古文先生)――古い書物のおばけで、いろんな物事を知っています。
■だっちょ――赤くてまるっこいおばけ。
■きゅうしょくのおに(給食の鬼)――妖怪たちのごはんをつくってくれる鬼。血や肉が好物。

2017.07.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

紅火蟻沙門が村のお寺に講義に来るゾ

紅火蟻沙門が村のお寺に講義に来るゾ

▼7.11 新潟県長岡市で見つかったヒアリではないかと疑われたフィリピンからの船便荷物から見つかった蟻は、環境省の確認の
結果、触覚の形状がヒアリとは違い、ヒアリではない蟻だったと知れたソウナ。
■ひゃくめ(百目)――体中に目玉がたくさんついてるおばけ。
■ばけぎつね(化け狐)――霊力をもったきつね。ひとを化かしたりします。

■こうかぎしゃもん(紅火蟻沙門)――火蟻の化けたもの。

2017.07.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

海産尻尾ご用心

海産尻尾ご用心

▼7.12 愛知県犬山市の犬山城の天守閣の屋上に置かれてる北側の鯱の尾の部分が落ちてなくなる。
愛知県内には梅雨前線の影響で局地的な大雨が起こっており、犬山市でも落雷などがありその影響での破損と見られちょる。
■うみぼうず(海坊主)――海に出る大きなおばけ。船を沈めたりします。
■しゃちほこ(鯱)――大きな口をあけたりしてる魚のすがたのもの。火伏せのために屋上に飾られたりします。
■らいじゅう(雷獣)――落雷と共に地上におりてくるというふしぎなけだもの。

2017.07.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

たがダイビング

たがダイビング

▼7.11 10日に埼玉県桶川市・川越市などで空に見られたしょうたいふめいの光り物は、本田航空が夜間に試験降下をさせてた
電飾つきのスカイダイビングのすがただったと判明したのじゃトサ。
■すいかのばけもの(西瓜の化物)――まんまるい、すいかのおばけ。
■かっぱ(河童)――川にすんでる妖怪。あたまのくぼみのお水がちからのもと。

2017.07.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

かみなりさま由来性ひかりもの

かみなりさま由来性ひかりもの

▼7.10 午後8時ころ、埼玉県桶川市・川越市などで空にしょうたいふめいの光り物が見えたトサ。
■かみなりさま(雷様)――おへそを出してると取られますゾ。

2017.07.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

かんらく御菓子

かんらく御菓子
▼7.9 イラク、ISによって2014年6月以来制圧されてきたモスルのまちを制圧から奪還解放した、と宣言したトサ。
■きなこぼう(黄粉坊)――黄色くてまるっこい妖怪。詳細は不明。

2017.07.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新聞

«  | ホーム |  »

発行人

妖界東西新聞社

Author:妖界東西新聞社
発行人=廣末妲腸
編集人=饅島和橋
画=氷厘亭氷泉

2010年1月より、絵に登場の主な方々の簡略なプロフィールを付けておおくりします。

画像および文章の無断転載を禁じます。
当紙では一部で縦書タグを使用している為、IE以外のブラウザでは一部表示が乱れます。
当紙はリンクフリーです。


3月8日は「妖怪の日」につき休刊。

ブログランキング

ポチッとクリックしてくださると弊紙の部数向上に繋がります。


和漢百魅缶も毎日妖怪などなどを更新中でございます。

検索フォーム